子育て・子供服・雑貨・インテリアの情報サイト

*

赤ちゃんと一緒にお花見!

   

赤ちゃんとお花見はいつから?持ち物や赤ちゃんの服装は何が必要?

sakuraお花見シーズンの到来です!
赤ちゃんも連れて春の陽を満喫したくなりますね。
赤ちゃん連れのお花見はいつからなら大丈夫なのか、気になるところです。
また、行くときの場所選びの注意点、あると安心な持ち物、快適に過ごすための服装も要チェックです。

赤ちゃん連れのお花見はいつから?

1,2ヶ月

まだ1,2ヶ月の赤ちゃんは、体もしっかりしていないので、寒いところや、屋外の空気は辛いですね。
上の子がいたり、行事などでどうしても連れて行かなければならない場合も、寒い時期はまだ長居はしないようにしましょう。

3~5ヶ月

首も座ってくる、3~5ヶ月にもなると、だいぶ体もできてくるので、ご近所の公園などでのお花見なら、出来るでしょう。
この頃は、少しでも赤ちゃんが疲れてきたら、すぐさま家に帰れるところがいいですね。

6,7ヶ月~

7ヶ月にもなると、普段の生活でもずいぶんと外出にも慣れてくるでしょうから、親子でお花見も楽しめるでしょう。

まだあまり動き回れないうちが、意外と外出しやすいものです。
動き出すと、目が離せないですし動きたくてウズウズするので、かえって大変になってしまいます。

赤ちゃん連れお花見時の注意は?

あまりにも混雑していて、まわりじゅうにビールやタバコの臭い、騒音が激しいところは、やめておきましょう。

シートとシートの間が広いところがいいです。
狭すぎると、赤ちゃんが動けないですし、寝たいときにも、寝かせてやれないなど、我慢させてしまうとストレスになってしまいますね。
開けていて、日光浴もできるところが温かくて気持ちいいですよ。

オムツ替えをその場でしてしまうと、食事時間以外でも、他の人にとって気持ちのいいものではありません。
トイレの場所、オムツ換えシートがあるかなどチェックが必要です。
他の人のことも考えられるように普段から心がけておきましょう。

お花見に行く時間帯は?

桜の頃は、日中温かくても、朝晩はまだまだ寒いですね。
とくに、夕方日が落ちると、急にぐんと冷え込んできます。
ですから、赤ちゃんとお花見に行くには、午前11くらいから午後2、3時がいいでしょう。
日中、日光浴もできるととても気持ちよくて、喜びますよ。
また、この時間だと、周りも家族連れなどが多いので、大人のどんちゃん騒ぎがないのです。
そういう点からも、赤ちゃんには、安心の時間帯です。

赤ちゃんのお花見持ち物

寒さ対策

桜が咲いていてもまだ肌寒い季節です。
お昼寝模する可能性もあるので、おくるみや、ブランケット、風よけや防寒になるものもあると安心です。

ベビーカー

ベビーカーがあると眠くなったら寝かせられるし、荷物運びや置き場にも活躍します。
でも、道路が深い砂利道、凸凹、階段だと、かえってじゃまになりますね。
邪魔でも頑張って運べば、荷物置き場や、椅子、ベッド代わりに使えて便利ですよ。

その他

シート、バスタオル、ブランケットは必須ですし、この時期日差しが案外強いので、帽子の他に日焼け止めもあるといいですね。
ビニール袋も多めに用意しましょう。
おむつもその都度密封すると臭い防止になります。
着替えも入れたいですしね。
また、乾燥もしているので、喉も渇きます。
ミルクや母乳以外にも普段飲んでいるお水やポカリスエットなどのイオンサプライ飲料などあったら持って行きましょう。

 - お役立ち情報 ,

 

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

子どもの才能を見抜くポイント3つ

子どもの才能を生かすのもダメにするのも親次第!? 清水克彦さんの著書『頭のいい子 …

子どものやる気を引き出す方法②

やる気を引き出す2つの方法 集中力もアップ!「やる気スイッチ」の入れ方 「どうも …

進級進学準備グッズ
子どもの入園入学グッズまとめ

そろそろはじめておきたい、新しい生活の準備 今年の春から幼稚園、小学校へ上がる子 …

子ども 虫刺され
子供のための☆虫刺されの基礎知識

夏は虫刺されの季節! 夏は露出も外遊びも多く、虫たちも活発に動いている季節。 虫 …

kodomo
子どもとの関係悪化!?父親のNG行動とは

子どもとの良好な関係のために かつて、父親と言えば、女子中高生に嫌われているとい …

kodomo 勇気づけ
子どもを勇気づける20の方法【後編】

今日からできる、子どもの勇気づけ 前編に続き、後編です。 前編はこちら ~ 勇気 …

kodomo
育児が10倍楽しくなる新習慣

育児ノイローゼは自分で予防出来る!育児が10倍楽しくなる新習慣 毎日の子育てに追 …

入学式
入学式での母親の服装やマナーNGとは?

入園、入学のシーズンがやってきました! 入園式・入学式に出席する親として、一番気 …

自己嫌悪
子どもを怒鳴りすぎて自己嫌悪になってしまうあなたへ

私ってダメママ…と自己嫌悪に陥る必要が、実はまったくない!? わが子はかわいい。 …

子どもの気になる癖、どうする?種類別対応方法

子どもの気になるクセとは? 子どもにみられる気になるくせは習癖と言われ、指をしゃ …